世田谷のマンション売却

世田谷のマンションの売却事情について解説

マンション売却

 

世田谷区のマンション売却について紹介しているページです。

 

世田谷区では年間で大体1500件ほどの物件が成約しているようです。

 

東京都内の中でも最も人口が多く、人気の高い場所ですから中古マンションを売り出せば売れないということはないでしょう。

 

実際のところ私自身のマンションも売り出してから3カ月で成約し、5カ月目には引き渡しという結果になりましたから。

 

世田谷区でよく成約している駅はどの駅??

 

基本的にまんべんなく売却がされているのが世田谷区の特徴です。それでも、あえてよく売れている駅としては、

 

三軒茶屋
用賀
千歳船橋

 

この3駅近郊がよく売れているようですね。住宅での利用ももちろんですが、ビジネスとして利用するなどニーズはいろいろありそうです。

 

駅近物件だけが高値で売れている訳ではありません。

 

 

マンションの価格の指標のひとつに、駅からの距離、つまり利便性はどの程度か?ということがあります。

 

しかし、実際のデータを見てみると必ずしも駅近物件が著しく高く売れている訳ではないようです。

 

特に、徒歩15分圏内という条件では、売れているマンションの単価を見る限りですが、大差ないように思えます。

 

それ以上離れるとさすがに価格的に安い物件も増えてくるのですが、徒歩13分の物件なんだけど、徒歩5分のマンションとくらべると人気はないよな……。
と考える必要はあまりないと言えます。

 

なぜかというと、利便性は高くても、駅の騒音が気になる人と言うのは一定数いるものなのです。

 

「静かなところで生活をしたい。」こんな思いを持っている買主を見つけられれば、多少駅から離れていても高値で売却できる可能性がありますよ。

 

 

マンション売却の相場だけでは判断できない物件の価値

 

マンションの売却相場を調べるには、レインズ、あるいは国土交通省の土地総合情報システムという過去の中古マンションの売買情報が掲載されているサイトをみるという方法があります。そこの物件の情報は、物件の大まかな所在地や、最寄り駅からの距離、間取り、面積、築年数などが掲載されていますので、ある程度自分の物件の価値を予想することができます。

 

ただし、その情報だけでは分からないことも多いので、完全に信用してしまうというのも考えものです。

 

例えば、経堂駅徒歩10分の築5年中古マンションが、5,000万円で売れていたとしましょう。

 

そこで自分のマンションは築4年でかつ経堂駅徒歩9分程度だから同じくらいの値段で売れるだろう……と予想してはまずいのです。

 

もしかすると、展望がものすごくいいマンションであったり、付帯設備が充実していたという可能性もあるのです。

 

さらに、取引の際には買主や売主の都合がいろいろと絡むものです。

 

買主さんが金に糸目を付けず、別に5,000万円くらいならすぐに買ってもいいよ!というセレブであったという可能性も否定できないのです。

 

 

 

 

物件は机上査定よりも訪問査定してもらう方が確実

 

通常、マンションや住宅の査定をしてもらう場合は、机上査定と訪問査定の2つがあります。文字通り机上査定は物件の大まかな情報から価格を算出するものです。訪問査定は不動産業者が物件内部を確認して、周辺の状況や展望、経年劣化や付帯設備などを確認したのちに売れそうな金額を提示するという流れになります。

 

なので、より正確な自分のマンションの価値を知りたい場合には、訪問査定を受けるのがいいでしょう。

 

今は売るつもりがなくてもだいたいどのくらいの価格になっているんだろう??という情報だけを知りたい場合は、机上査定をしてみるのがオススメです。